トップページ > 監理技術者講習

監理技術者講習

受講期限が切れていませんか?
期限切れの監理技術者の現場への配置は建設業法「違反」です!

お申込みは今すぐWEBまたは郵送で!!
WEB申込先  http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/news/2015-07-28-2.html

講習開催日程

講義+試験9:30~16:50 本講習はDVD講習です。CPD6単位
受付9:00~ 講習説明9:20~

日程 会場
2019年4月10日(水) 岡山県建築士会5階会議室
2019年5月31日(金) 岡山県建築士会5階会議室
2019年6月19日(水) 岡山県建築士会5階会議室
2019年7月19日(金) 岡山県建築士会5階会議室
2019年8月21日(水) 岡山県建築士会5階会議室
2019年9月6日(金) 岡山県建築士会5階会議室
2019年10月16日(水) 岡山県建築士会5階会議室
2019年11月22日(金) 岡山県建築士会5階会議室
2019年12月18日(水) 岡山県建築士会5階会議室
2020年1月17日(金) 岡山県建築士会5階会議室
2020年2月19日(水) 岡山県建築士会5階会議室
2020年3月13日 (金) 岡山県建築士会5階会議室
会場地図

岡山県建築士会5階会議室
岡山市北区内山下1丁目3-19 建築会館成広ビル

岡山県建築士会5階会議室

路面電車「東岡山行」乗車、「県庁通り」下車。県庁通りを東へ200m、二本目の筋を南へ。お車の方は、「天満屋表町パーキング」の3階以上へ駐車された方のみ駐車券を配布。入庫時に発券された駐車券を講習受付時に提示。

時間 内容
9:30~11:35 建設業界の現状・監理技術者制度と責務・施工計画と施工管理
11:35~12:25 お昼休憩(50分)
12:25~14:10 品質管理・安全衛生管理
14:10~14:20 休憩(10分)
14:20~16:25 環境管理・最新技術と材料の動向
16:25~16:30 質疑応答・試験準備
16:30~16:50 試験・修了履歴ラベルの交付
注意事項
  1. 監理技術者になるためには、本講習を受講し、且つ監理技術者資格者証の交付を受ける必要があります。監理技術者の資格取得を検討される方は一般財団法人建設業技術者センターのホームページをご覧ください。
  2. CPD単位は講習を修了した方に付与されます。専用ページのログインは日本建築士会連合会が交付する講習修了ラベルに記載の修了番号が必要です。
  3. 講習修了履歴ラベルの交付は、全ての講義受講と試験の終了後に交付します。但し申込期限を過ぎて申込・受講された方には講習修了2週間後にお送りします。当日、遅刻・早退・途中退席があった方へは交付できません。

申込方法

専用の申込書に必要事項を記入し、所定サイズ・形式の顔写真と、金融機関への受講手数料の振込受付証明書を貼付し、専用封筒をご利用の上、日本建築士会連合会講習本部へお送りください。到着後「受講票」をご指定のメールアドレスにお送りします。
WEBからでもお申込みできます。http://www.kenchikushikai.or.jp

受講手数料

郵送・窓口申込みの場合 10,000円/1名(テキスト代、消費税込)
WEB申込みの場合 9,500円/1名(テキスト代、消費税込)
お振込み先
金融機関名 三井住友銀行 三田みたどおり支店
口座番号 (普通)8402837
口座名義 シャ)ニホンケンチクシカイレンゴウカイ
公益社団法人 日本建築士会連合会

設計者をはじめとした監理技術者以外の方が学習目的で受講されても十二分に役立つ講習

建築工事全体について学習できる

これまで不明瞭であった建築工事全体の流れについて学習できるので設計業務の参考になる。

建築工事に係るトラブル事例のほか、時事問題や最新技術・材料について学習できる

受講者は、専用ページから受講後5年間いつでも最新のテキストデータを入手できるため、常に最新の情報に対応できる。

工事入札や入札資格審査等に役立つ建築士会CPD単位6単位+αが取得できる

受講者かつ建築士会CPD会員の方は、連合会会誌「建築士」のCPD連載講座と同様に専用のWEBページから設問に正答することでCPD単位が取得できる。(講習単位6単位、さらにWEB問題で+αの単位取得が可能)
※建築士会CPDを加点対象としている機関については日本建築士会連合会ホームページをご確認ください。

工事入札や入札参加資格審査等活用の用途とCPD実績に対する加点の扱いは各機関で異なりますが、概ねは建築士会等の実績証明書が必要となります。CPD活用に関する詳細は各行政機関、CPD証明書の発行手続きは各建築士会へお問い合わせください。

中国四国地方のCPD活用状況一覧

44都道府県+39市+3町+内閣府+国交省+他団体(2019年1月/(公社)日本建築士会連合会調べ)
詳細は監理技術者講習案内チラシ裏面ごご覧ください。

連合会・建築士会が行う監理技術者講習の特色

建築に特化された内容になっている

  • 建築施工系技術者育成に主眼をおいた構成。(従来は監理技術者全般(土木も含む)に対しての内容)
  • ⇒建築施工系に従事する監理技術者に向け、より建築施工実務に役立つ内容。
  • ⇒現場技術者にとって大切な1日が建築技術育成に役立つ有意義な1日となる内容。(従来は監理技術者講習修了証交付目的の為だけに受講している感がある)

建築士会のテキストは

  • 現役のスーパーゼネコン在籍者等によって執筆!机上の理論でなく建築技術に対して最新の情報が網羅されている。
  • 具体的トラブル事例が各単元に分けて解説された内容になっている。監理技術者に関わるトラブル事例、品質事故トラブル事例、労働災害、第三者災害トラブル事例、環境事故トラブル事例
  • 品質管理では「要求事項の把握」「工事材料の規格」「品質に関わる各種検査」「工事記録の管理と保存」「住宅建設における品質確保」など各単元に分けて品質に関連する最新の情報を含んだ解説となっている。
    タイル工事
    ・検査の項目では超高圧水洗の密度や深さについて見本施工での合意。
    ・平成25年公共建築工事標準仕様書に追加された界面破壊率の規定等を記載。
  • 最新技術と材料の動向では「施工合理化・品質向上技術」「防災技術」「環境技術」など各単元に分けて最新技術の内容について解説が行われている。改正耐震改修促進法、長周期地震動対策、事業継続計画(BCP)、天井材・外装材の耐震、避難安全検証と耐火検証などについての解説。現場技術者に求められる技術営業にも役立つ最新の技術情報。
  • 受講後5年間はいつでもテキストの最新版を受講者専用HPからダウンロードで入手可能。必要箇所のテキストデータをタブレットなどにダウンロードして活用が可能。

建築士会CPD単位6単位が付与される。

希望により講習修了履歴ラベルの有効期限日に合わせた次回講習案内の実施。次回の申込書の自動作成。

お問い合わせ先 公益社団法人日本建築士会連合会「監理技術者講習本部」
〒108-0014 東京都港区芝5-26-20
TEL:03-3456-2061 メール:kanri@kenchikushikai.or.jp
ホームページ・申込先URL:http://www.kenchikushikai.or.jp
運営 一般社団法人岡山県建築士会
〒700-0824 岡山県岡山市北区内山下1-3-19 建築会館「成広ビル」
TEL:086-223-6671 メール:info@aba-momo.com
ホームページ:http://www.aba-momo.com

  • 7月豪雨災害の復興住宅のモデルプランの募集について
  • 住宅省エネルギー技術講習会
  • 建築工事主体の「監理技術者講習」開催のお知らせ
  • ヘリテージマネージャー
  • 岡山県住宅リフォーム推進協議会
  • 岡山県居住支援協議会
  • 書籍ご案内
  • 木のトータルコーディネーター養成講座
  • 岡山県建築士会 公式facebookページ
  • 岡山県建築士会 女性部会
  • 岡山県ヘリテージマネージャー連絡会議 備前地域連絡会

PAGE TOP